タトゥー刺青入れ墨を消す方法の種類

しみ、アザ・タトゥーまで!塗り重ねるほどカバー力が増すのに仕上がりがナチュラル!汗にも落...
タトゥー、刺青を一時的に隠すことができます。他のものよりも隠す効果がかなり高いです。一押しです。
【10%OFF】赤みも青みも驚異のカバーでとにかく隠す!【送料無料】 カクシーラー 脅威のカバー...
タトゥー、しみ、アザをしっかり隠すことができるスティックタイプです。
アートメイク施術後の軟膏P.C.Dアフタークリーム 眉用 WSG-022
眉毛などのアートメイク後のアフタークリームです。

刺青(入れ墨・タトゥー)を消す方法の種類

刺青(入れ墨・タトゥー)を消す方法にはどのようなものがあるのかご説明いたします。

病院によって独自の方法を取り入れているところもありますので、

代表的なもののみご紹介します。


大きく分けて4つの方法があります。

@レーザー
A切除縫縮
B剥削
C皮膚移植

です。

詳細は下の表をご覧ください。

@レーザー

基本的に黒の単色の場合や、色の濃い箇所に反応しやすいのがレーザーです。

 

繰り返しレーザーを照射することで、徐々に色が薄くなっていきます。

 

↓ 黒以外の色も除去できるレーザーを得意とする病院

 

聖心美容外科

 

 

A切除縫縮

入れ墨(刺青)のある皮膚を切除して、縫います。

 

小さいな入れ墨なら、一本の傷にすることができます。

 

大きいものは何回かに分けて切除します。

B剥削

入れ墨(刺青)が大きいものや、レーザーに反応しにくい赤や黄色の入れ墨は、

 

皮膚の表面を削ります。

 

それでも取りきれない色は、レーザーでさらに消していきます。

C皮膚移植

比較的傷跡が目立たない太ももや背中などから皮膚を持ってきて、

 

その皮膚を入れ墨(刺青)のある部分に、移植します。

 

剥削の後に、より皮膚表面を自然に整えるために行うこともあります。




このように、入れ墨(刺青・タトゥー)の大きさや色で選択される方法は異なってきます。

自分はどの方法が適しているかは病院で診査の上決まりますので、

まずはご相談に行ってみてください。

また、各病院には得意とする技術がありますので、

ぜひ刺青(入れ墨)を消すオススメ病院でチェックしてみてください。